読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

つらつらと。 書くことがない(◯回目)

日常

・忙しくて、しかもしたい事がハッキリしてると、

(英語の本をゆっくりしっかり必死で進まないながらも泣きながら踏ん張って読む)

書く事が無くなりますよね!!!!!!!!!

 

そうそう 都合のいいハプニングなんか起こりません。

変な人がいたり、チョコレートが溶けたりしないんですよね〜。

 

・今日は久しぶりに爽やかな朝を迎えました。

久しぶりにガッツリ6時間寝れたんですよね。

23時30分に寝て、5時30分キッカリに目が覚める。

おお。こんなに世界が爽やかなのか!!って感じです。

休日でも5時30分に起きるので、何か慢性睡眠不足だったんです。

 

 

・何もない時はYahooニュースを見てみる。。。

無駄だった・・・。書く事がない・・・。

別の欄に、好きな丼物とかいう記事がある・・。ただの広告か・・・。

 

そういえば、生まれて初めて衝撃を受けた2大食べ物。

一つは宝塚のどっかで食べたカツ丼。

その頃、小学1年かそこら。超小食でした。

その頃、学校の給食、実は完食出来た事なかったんですよね。単純に給食のコッペパン

ホントーに美味しいと思えなかったんです。いつも残してました。

 

まあ、そんな僕。両親は、半分食べれたらいいだろう。

あとはこちらで食べるか?な構え。

 

そんな構え、小学生の僕は知る由もなく、普通に食べてると、

カツと卵とご飯のバランスが完璧で、

(小学1年目線で言うと、メッチャうまい!!)

いつの間にか全部平らげてました。

親は驚いたようです。その時に親が残りを食べようとしてた事を知りました。

 

それ以降、カツ丼は大好きですが、あの時の衝撃を超えたりするものってやっぱり出ないですね。子供の頃の強烈な記憶って超すの難しいですよね。

 

一番近いのは、三ノ宮にある(吉兵衛だったかな)カツ丼です。

卵がな〜少し違うかもなんですが、カツはあの時の衝撃の感じでした。

 

2つ目はポテチです(笑)

これも最初食べた時は止まらなくて、

もっと食べたかった弟に泣きながら怒られた記憶があります(笑)

 

大人になったら味覚、変わるといいますが、

この2つ。今でも普通に食べるよな〜って思いましたとさ。