読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

マシュー・サイド 「失敗の科学」

副題に、「失敗から学習する組織、学習しない組織」

ってあります。

その題の通り、なにか失敗したりした時に、学習する組織としない組織があると。

 

決して僕が色々失敗だらけなので買ってみたわけじゃないですよ!!

 

さて、失敗から学ぶ組織の代表的なものとして、

・航空業界

・いくつかのIT産業

個人としてはベッカムとか(笑)

 

失敗から学ばない組織の代表的なものとして、

・裁判とかあのへん。

・医療関係。

 

をあげています。

 

ま、わかりやすいですよね。

飛行機事故おきると、すごい調査しまくりですよね。

ブラックボックスってやつとか、テレビでもやってますよね。

で、原因を徹底に究明して、次、同じ失敗がないように改善していきますよね。

 

一方、裁判関係や、医療関係。

失敗しても、失敗を認めなかったり、失敗と思わなかったりします。

こーゆーのも、テレビドラマとかで、やってがちですよね。

 

ま、でも、実際に起こったそーゆー事柄を、実際に本で読むと、裁判の冤罪的なもの、けっこう頻繁に起きてるんじゃないか??

病院、大丈夫か??

とか思ってしまいます。

 

ま、簡単に言うと、そーゆー話が分かりやすく書かれています。

 

航空業界は、失敗の証拠のようなものが残りやすいってのもあるかもですが、

そーゆー、残りやすくしてるってところもあるようです。

 

ところが、裁判、医療関係は、失敗の証拠って、わかりにくい場合もあるし、

上司的な存在が、失敗を認めないで、自己正当化してしまったり、

そんな上司に、基本、何も意見しにくかったり、

失敗しても、自ら認めて、失敗しました〜って言いにくい文化ができてしまったり。

 

でも、ある病院なんかは、その文化、改善して、失敗を報告しやすいようにしたりしたら、いい効果が得られるようになったようです。

 

で、そーゆーの、個人でも当てはめられるよ。

みんな、どんどん失敗して、学びましょう!!って話です。

失敗しないとはじまらないし、なぜ、失敗しないのか?失敗は欠かせないよ!

くらいのメンタルじゃないといけないよって話です。

 

ちなみに、この作者、イギリス人のようですが、

日本のことにも触れてます。

世界でも圧倒的に失敗を不名誉と思うので、失敗から学べないし、

その辺が最近の日本の停滞の原因ちゃう?

ってことが書かれています。

 

個人的な見どころは、冤罪、こええええ・・・・。

って思ったのと、

科学は、失敗を認めることによって発達していったって話ですね。

ヨーローパの中世って、暗黒とゆーか、何も科学的なものは発達しなかったで有名ですよね。

まだ、古代ギリシャとか、ローマの方が発達していたってくらい。

それが何百年も続いたと。

 

僕は、それは、ローマの時代の科学が発達しすぎて、ある種、凄い自然破壊があったからとか思ってたんですが、

 

この本によれば、中世で、宗教関係の人が権力を持ちすぎて、

そーゆー権力者の教え以外を認めなくて、

その教えで、失敗してもそこから学ぶわけもなく、信心が足らないからだ〜みたいな状況にあったからだって話。

その辺が面白かったです。