観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

本 「トレバー・ノア 生まれた事が犯罪」その1。

久しぶりの本の感想。

f:id:nokkudas:20181016191140j:image

 

本のタイトルになってるこの人は、南アフリカ出身で、アメリカのコメディアンで、

有名な番組の司会をしてるそーです。

どんなコメディアンで、どんなネタ(?)をやるのか全く知りません。

 

帯でユーモア、笑いはこーあるべきだーって感じの評価が多かったので、

その点だけで、正直あまり読む気はしなかったんですよね〜。

ユーモアとか笑いとか、

緊張と緩和とか、構造的なそーゆー共通点はあるでしょーけど、

それが面白いか、嫌に思うかは、その人それぞれの環境や気分によって変わるものだと思ってるので、そーゆー、こーあるべきだーって論調は苦手なんですよね。

どーあるべきでもないだろうって。

 

でも、南アフリカアパルトヘイトって話に興味があったので、

読むか読まないか、かなり悩みましたが、読みたい欲が勝って読みました。

 

アパルトヘイトがある南アフリカでは、基本、白人と黒人が子供を作って産むってのが、法律で禁止されてるにもかかわらず、作者の母が、白人との間に子供を作り、

そんな社会で、母と子がたくましく生活しましたって話です。

 

ユーモアや笑いがどーって感想は一切なく、

アパルトヘイトの中の社会、それが崩壊して、その社会は、どうなっていってるか。

って部分が単純に凄く面白かったです。

 

彼の母はたくましく、素晴らしいし、だからこそ息子もこーゆー本を書けたんだって理解できますが、

だからこそ、彼らの存在は本当にただの奇跡って気はします。

 

彼の母のようにたくましい人は、それなりにいたと思いますが、

大体は、妥協したり、埋もれたり、書き方は悪いですが、ある意味本当に殺されたりしたんじゃないだろうかと思いますよ。

 

それほど、凄まじい社会だったんだなってのが伝わる本です。

 

なので、そんな凄まじい社会で楽しく過ごすには、それなりに凄まじいユーモアが必要なのは当たり前で、(まあ、これを笑い飛ばすか!って感じのたぐいが多かったですが)

逆に、こーゆー笑いが欲しいなら、こーゆー凄まじい社会を作らなきゃならない気がしてます。

 

僕が面白いと感じたのは、こーゆー苦労を経験し、生き延びてきた作者ならではの見方です。

こういう、凄まじい社会でも社会は社会で、人ってこーゆーもんだよねってゆー描写が凄く面白かったです。

 

また次回、書いていこうと思います。

 

・・・。今、また帯を読み返してますが、そこまで笑い、ユーモアがこーあるべきだーって書いてませんね(笑)

笑いにこだわりを持つ関西人の悪い癖かもですね。

こーゆー帯とかに「笑い」とか書かれると、条件反射的に「なにおー!!」って思っちゃって、それが僕の印象を勝手に水増しされたんでしょうね(笑)