読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

ヴォガネットと相田みつをと。

こんな本読んでます。

 

 で、作中に、所々こんな挿絵?があります。

本人が書いたものなようです。

 

f:id:nokkudas:20170418211716j:plain

これ。あれですよね。

まるで相田みつを

 

ヴォガネットさんが相田みつをさんのを見てインスピレーションとやらを感じたのだろうか?

でも、どーやらこーゆーの、はじめたの、約25年前のある講演がきっかけな事を書いてます。

じゃ、相田みつをさんが、ヴォガネットのこーゆーのみてインスピレーションとやらを感じたのだろうか?

でも25年前にはもうやってそうですよね。相田みつをさんも。あーゆーの。

 

まあ、偶然でしょうね。

 

でも、こーゆーの、もしどっちかが、どっちかのそれを見てインスピレーションを得たとしても、それは仕方ないことですよね。

 

今の世の中、ホントに新しい発想ってほぼないんですよね。

なので、今すでにあるものをどう組み合わせるか?ってのが大事だと。

例えば、iphoneみたいに、ネットと携帯電話とiPodとタッチパネルを組み合わせるみたいな感じで。

 

だから、色んな知識はあった方がいいよねってゆー話を思い出しました。

 

 

いちおー、本の紹介を少しだけ(笑)

ヴォガネット。この方、「タイタンの妖女」ってゆー、SF小説書いた人でもあります。

この作品が、なんとゆーか、けっこう面白くて、

世にも奇妙な物語に出てきそうな話ををSF調にして・・・、って感じでしょうか?

とにかく僕にはコメディSFって感じの印象を受けました。

 

この作品はエッセイで、なんだろう・・・。大人の、ザ・知的ユーモアって感じで、経済まっしぐらの世の中を憂いてるって感じの本です。