読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

25人目 ノーラン・ブッシュネル&ジーン・ストーン 「ぼくがジョブズに教えたこと」

6月で50人の半分。いいペースだ。

新規以外を読んでるんですよね。今。実は。

新規という冒険が苦手な僕です。

いや、って言うより、好きな人はとことん好きなるタイプなんでしょうね。

 

さて、本には、「タイミング」というのがあって、

今読んでよかった!!って思う本もあれば、

今読む本じゃなかった!!ってのもあります。

 

残念ながら、今回のこの本は後者でした。

 

サブタイトルっぽいところに「才能が集まる会社を作る51ヶ条」って書かれてて、

そう。まんまそのサブタイトル通りの内容だったんです。

 

会社を作ってもなく、社長になるわけでもなく、人事でもない僕には無縁のお話が勢ぞろいでした。

ただ、読んでて漠然と見えるのが、

「そもそも会社って」っていう感じですね。

今、イヤイヤ仕事に行ってる僕には耳の痛い、(目の痛い?)事がたくさんです(笑)

もちろん、この作者が会社を作ったりしてる立場の人なので、

「働け、働け〜」マインドなのはわかりますが。

そっか。仕事って会社のためにするもんなんだなと。当たり前の事が思い知らされます(笑)

 

まあ、そのために会社の理念とかが、作者の会社は明らかだったりして、そのためにこんな人材、仕事が必要で、いい仕事をしてもらうために色んな事を会社もします。

 

その辺のギブ&テイクのバランスが大きいというか、素晴らしいというか、ハッキリしているというか。

ま、それも一流の会社だから(だけ)なんだろうと思いますが・・。

どーなんでしょ。

 

まあ、とにかく、最近は少なくなったかもですが、

俗にいうIT企業のCEO周りの人たちの本って やっぱり意外とつまらない事が多いです。

僕には合わない事が多いって感じでしょうか。

結局 内容があれなんですよね…なんて書けばいいか・・・。

同じ一線級の立場で働いてる人には「わかるわぁ〜」ってなるんです。

少し立ち読みして買うのやめた「Hard Things」なんかは典型です。

Facebookザッカーバーグさんとか勧めてますが、なぜ勧めるかといえば、

「わかるわぁ〜。俺(ザッカーバーグ)も苦労したもん」

だからです。

んで、残念ながら今の僕にとっては「ふーーーん。・・。で?」

って感想になりがちなんです。

 

面白さがイマイチわからないんですよね。

ワインのソムリエ達のパーティに迷い込んだ、ワイン素人の僕って感じでしょうか。

なんか、読んでても脳内でオロオロしちゃうのみなんですよね。

 

あとは自伝。まだまだできる事ありそうな人が、今自伝出してどうするんだ?

とも思います。

Amazonのベゾスさんやら、イーロンマスクさんやら。

だから、この2人の自伝。ベゾスさんの、持ってますが(笑)途中で読んでないですし、イーロンマスクさんのは買ってません。

 

以上、せっかくの半分到達の25人目なのに、読むの苦労したお話でした。