観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

冬の諸症状。

本格的に獄寒になりましたね〜。

皆様、お気をつけて〜。

 

ここ数日で一気に冬の諸症状が出てきました。

 

①布団から出られない。

②レギンス?タイツ?なしだとお腹壊す。

③上着にヒートテックがないとお腹壊す。

 

寒さが増すごとに症状が出てくるんです。

少し寒いくらいなら①。

 

本格的に寒くなってきました

もうあったかくはならないよねってなったら②。

 

もう冬だ。寒すぎる。ヤダヤダヤダってなったら③。

 

そして、極寒だ。なんとかしてくれ〜〜。

とゆー、④の症状が昨日現れました。

 

それが・・・。

④貼るカイロをお腹に貼らなければお腹壊す。

 

です。

僕は胃腸が弱いので、お腹壊した時には絶対原因を究明するんですが、

(誰でもそうでしょうが(笑))

昨日、全く原因不明の腹痛になって、考えた結果がこれでした。

 

これで冬の装備は整ったことになります。

後はマフラー装備。耳当て装備くらいでしょうか。

でも、この2つは、なければお腹壊すってシロモノじゃなく、

少しでも暖をとって快適に過ごすためのものですね。

お腹に関わるものではないです。

 

ここから先、冬は長いですが、なんとか乗り切りたいものです。

装備は整ったんですが、油断して薄着すると僕は一瞬で風邪引くので、その辺だけを注意して過ごそうと思います。

 

・・・・。

もうね。冬に風邪引くと、僕は咳が止まらなくなって、メチャクチャ辛いんですよね。

体が弱い僕の冬の過ごし方でした。

 

 

 

動画と乃木坂ライブと大衆演劇と。

なんか、あれですね。

このパソコンでblogでも書こう!!と思ってる時、

無音は少し何か気分的にアレだな〜と思ってしまって、

動画とか流して音だけ聴くっての、やってしまいがちですよね〜。

 

無音だと寂しく感じちゃうんですかね〜。

この癖、やめたいな(笑)

 

主にYOUTUBEなんですが、音楽、ダウンタウントークバナナマントーク

バナナマン関係の乃木坂の番組。

この辺りが多いです。

 

で、 最近のYOUTUBE。履歴でオススメみたいなのを出してくるので、

上記の種類の動画がメチャクチャ多く、結果同じ感じのを聞いてしまいます。

 

で、こないだ、乃木坂のライブが出てきたので、聞いてみたんですが・・。

ファンの声しか聞こえてこないですね(笑)(笑)。

もちろん画像は見てなくて、あまりにも「お〜〜〜〜〜おっ、へい。」

みたいな野太い声ばかりなので、たまに画面切り替えて画像見て、

「あっ。乃木坂もいるな・・・。」

と、当たり前のことを思ったりします。

 

そして、少し興味があってしばらく見てて気づきました。

「これ。大衆演劇と同じノリだな・・・・。」

って。

 

大衆演劇。これをどう説明すればいいかなんですが・・・。

劇団があって、劇をするんですよ。

歌舞伎みたいな感じで、時代劇っぽい演出が多い感じです。

でも、歌舞伎ほどかっちりしてなくて、なので観劇する値段も歌舞伎より格段に安い感じです。

しばらく前、誘いに乗って見に行ったんですよね。2年くらい前かな。

 

で、同じノリだって思ったのが、大衆演劇のお客さんと、乃木坂のファンが同じノリの印象でした。

 

乃木坂のライブで、大画面に、例えば白石麻衣がアップになると、ファンの方が、

「まいやん」と、リズムよく、野太い歓声をあげます。

大衆演劇でも、劇団員がそれぞれ出演するたびに、

「◯◯〜〜〜っ」と、主におばさまの歓声が上がるんです。

 

で、トークとかに対する反応1つ1つ見ても、

反応の良さとか、歓声のあげ方とか、もうほとんど同じノリだし、

それぞれの演者の個性とか、キャラを理解してる感じなんかもそっくりでした。

 

ま。大衆演劇は、100人規模くらい?の小規模なのに対して、乃木坂はすごく規模がでかいってくらいで。

 

よく考えたら、AKBって劇場からでしたっけ????

それのライバルってくらいだから、やり方ってか、根元は同じなのかもですね。

乃木坂もある種、劇団なんですね。

ファン層が、大衆演劇の場合はおばさまが多く、乃木坂の場合は男性が多いってだけで。

 

最近、演劇系統が流行ってるらしいですね。

僕もそーゆーのが行われてる近くに住んでたら見に行きたいって思うことが多いくらいですからね。

やっぱり今は、パソコンやスマホ越しに飽きるほど見れるから、

それだけじゃやっぱり物足りなくなるんでしょうかね?

 

そんなこんなを思いました。

 

 

 

vs チンゲン菜。

今まで自分で扱ったことのない野菜。パート2。チンゲン菜です。

(あ。そりゃあ食べたことはある食材ですよ?)

 

ちなみにパート1はセロリでした。(笑)

でもセロリは、レシピとゆーか、扱い方が載ってた本を参考にしたものです。

 

今回、このチンゲン菜はノーヒント!!。

わざわざググったりもせずにチャレンジです。

 

 まずは適当に炒めたり、茹でてみたり・・・・。

今のところ、茹でる方がいい感じなのかな・・・・。

 

あ。そもそも!!

このチンゲン菜。

皮?があるのかな?ピューラーで剥く皮があるのかな?

そもそも、上の葉っぱの部分。これは食えるのかな?

そっからしてわかりません!!

なにせ、ノーヒントだから!!!!!!。

 

今のところ、皮もむかず、上の葉っぱも一緒くたにして炒めたり茹でたりしてます。

僕の貧弱な胃腸がなんともないので、大丈夫なんでしょう。

 

味はいいですね。白菜見たく、シャキシャキしてて。

そして、えらいもんで、麺つゆとも、ウェイパーとも相性は良さそうです。

 

値段も手頃とゆーか、一房(?)で、一回分と、大きさもちょうどいいですし。

 

もう少し、色々いじくってから、ググって正解(?)を見ようと思ってます。

 

 

 

 

 

 

銀河英雄伝説とか。(長めかも)

今、こんな本を読んでます。

 

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 なんでも、帯に、

スターウォーズシリーズの原点!!」

って書いてあって。

そういや、なんか、映画、やるんだよなあ・・・。って思って購入。

 

読んでみると、いろんな国の神話を紹介し、共通項を挙げ、

「英雄とはなんぞや?古今東西、英雄ってこうなんだよ。」

ってテーマでつらつら書いてる本でした。

 

ヨーダレイア姫もスカイウォーカーも出てませんでした(笑)。

 

スターウォーズの本はそういう題名として、本はでてますよね・・。

知らないですが。

(実はそこまでスターウォーズには詳しくありません。)

 

スターウォーズスペースオペラ

スペースオペラって、地球を飛び出して、宇宙を舞台にあれこれドラマがあるお話です。

僕の中でスペースオペラといえば、

銀河英雄伝説」です。

 

この作品。

幼馴染たちが、高校生くらいの頃にハマってたのかな?

よく「面白い」と聞いてて、

八百屋なんかは、この作品の影響で、香茶ばっかり飲んでました。

(わかる人にはわかると思います(笑)。僕も読んだあとわかりました。)

 

なぜか僕はその頃はその辺に手を出してなかったんですね。

その頃は僕は司馬遼太郎ばっかり読んでたかも(笑)

 

大学生になってから読みました。

今思うと、あの頃が一番本読めましたね。

結構いろんな本読んだと思います。

その中でもピカイチで面白かった本でした。

 

どんな話かといえば、一言で言うと、

(作者は最初、このタイトルにされそうで嫌がったそうですが)

「銀河三国志」って感じですね。

 

強烈な天才が治める独裁国家。帝国。(←国の名前忘れた(笑))

うだうだだけど、民主制の国家。共和国。(同じく)

お金大好きの商人国家。(同じく)

 

ま、商人国家は日和見って感じなので、

実質は帝国と共和国の戦い。

帝国の完璧な独裁者。ラインハルト。

共和国の天才軍略家。ヤン。

この2人の戦いが見どころです。

 

戦争もそうですが、政治も面白いですね。

ラインハルトみたいな完璧な人だったら独裁ってOKじゃね?

いや。それでも民主主義が大事だろ?

みたいな論争が作中で何度か書かれてます。

 

難しいですね。

完璧な独裁でも、最悪の民主主義の方がいいってヤンとか言ってたと思うんですが。

 

ま、政治にも色々ありますからね。

民主主義いい分野もあればそうでない分野もある気がします。

内政はいい分野かもですが。

例えば軍事ごとになると、悠長な時間ない場合もありますからね。

かといって、軍事だけ特例にしちゃうと、軍が力を持ちすぎちゃってって感じになりますからね。

 

ま、そんな難しい話だけじゃなくて、いろんなドラマもあって楽しい本でした。

全10巻あって、長いですが、

正月休みに読むのもいいかもしれません。

 

・・・・。

8巻で愕然としますが(笑)

僕は8巻読んで、途中で1週間ほど落ち込みました。

幼馴染達に「ワカル。俺もそうだった」「ついに読んじゃったか」

と、次々に言われたものです(笑)

 

今日は久しぶりのゆっくりな休み。

溜まってる積読。途中で止まってる本を制覇しようと思います。

・・・。もう夕方ですが・・・。

 

シーチキンの缶詰。

最近ハマってます。

 

今まで、缶詰ってあまり買わなかったんですよね。

開けたところで冷たいし・・・。

あっためたところで、なんか違うし・・・。

味気がなんか変ですし・・・。

たぶん、保存料とかなんでしうけど・・・。

 

ところが、缶詰を開けて、フライパンで炒めて、味付けすると結構美味しいんだなと思いました。

まず、キッカケはspam

 

ホーメル スパム レギュラーN 340g

ホーメル スパム レギュラーN 340g

 

 でも、他の缶詰にそれをするのは気を引けてたんですね。

なぜかは知りませんが。

 

んで、それも八百屋だったかな?

シーチキンの缶詰を、塩胡椒で炒めて、料理酒で、、、、、。

なんだっけ?水分を飛ばすのかな????

それをしたら、ご飯、何杯でもいける!!

って話を聞いて、最近、試してみたんです。

 

やってみると・・・。

美味いですね!!!。

 

本当にご飯、何杯でもいけそうです。

 

ビールとかのつまみにもよさそうですね。

僕は家ではお酒は飲まないですが・・・。

 

最近は、おにぎりを2つにして、

具を、一つはまだ残ってる、son様プレゼンツの、桃屋の山椒。

そして、もう一つが、このシーチキン炒めなんです。

 

美味しいですよ。

このおにぎりを作った瞬間は、「いい主夫になれる!!」と思ったもんですよ。

 

うん。塩分の取りすぎが心配ですが。

 

そんなわけで、缶詰もたまに攻めてみようと思いました。

 

 

 

 

 

 

楽天Edyを使ってみる。

正直、今までそーゆーの使って来なかった僕としてはドキドキでした。

 

最寄りの関西スーパーに行って、チャージする場所は知ってたのでチャージしました。

で、買い物して、レジの近くのカードかざす場所に、おそ〜る恐るカードをタッチしました。

 

・・・。おお。確かにはやいっすね・・・。

 

よく、そーゆー現金使うなんてダサい発言してる人が、カードとか、スマホとかの電子マネーの方が早い!!とか言ってますが、

「いや、そんな変わらんやろ・・・・」

と僕は思ってたんです。

現金出すのが遅い人や、現金出す時間は確かにあると思いますが、

カード出す人が遅い人もいますからね・・。と思ってたんですが・・。

 

確かに、自分の時間は思いっきり早く、時短できた感覚はありますね!!

 

これはハマりそうな感じです。

 

問題点は2つだけ。

僕の財布。折りたたみなので、カードの取り出しがなんか・・・なので、

カード専用の入れ物とゆーか、そーゆーのがほしいなと思いました。

カード、痛めたくないので(笑)

 

あと、ポイントが・・・。

貯めようとすれば、なんか色々しないといけなそうなので、

それこそポイントたまる何かを探すのもいいかな〜とか。

nanacoとか。

 

そんな感じです。

 

忙しすぎて、やりたい事が全くやれてなくて、少しイライラしている僕でした。

漫画「金田一少年の事件簿外伝 犯人達の事件簿」

久しぶりに漫画を読みました。

ネットで少し話題になってたのを思い出してKindleで購入。

 

 

 

金田一少年の事件簿は、推理漫画なんですね。

主に金田一少年目線からの。

 

で、この犯人達の事件簿は、金田一少年が解決した事件の、犯人側からの目線を、

かな〜りコメディタッチで書いてる作品です。

よく、推理漫画で、犯人の行動、ちょっと無茶じゃないか?

そんなトリック、本当に実行できるか?

ってよく読んだら思う事ってあると思うんですが、

この作品は、そのちょっと無茶な部分に、最大限にツッコミを入れてます。

 

かなり愉快です。

 

ま、金田一少年の事件簿。しかも初期を読んでないと、楽しさは半減してしまう作品ではありますが、読んでる人は絶対に読んでほしい作品です。

 

そういえば。この作品の第1話の事件が連載されたのって、

ほとんど20年前なんですよね〜〜〜〜〜。。。。。

 

で、この作品が注目されてるって事は・・・・・。

この作品の面白さをわかる人はきっと20年前に金田一少年の事件簿を読んだ人って事で、年齢層を考えると・・・・。

高齢化社会ってこーゆー事か??とか、色々考えちゃいますね・・・。

 

いやいや、いつまで経っても色褪せない作品とゆーべきかもしれませんが・・・。

 

この形式、古畑任三郎を思い出しますね。

主に犯人目線が多いって感じで。

古畑任三郎も僕は好きで、何か、犯人側を応援したくなっちゃってましたよ(笑)

 

久しぶりに、笑える漫画を読みました。