観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

「トレバー・ノア」その2

まず、南アフリカには色んな種族とゆーのかな?部族とゆーのかな?

がいて、本当にたくさんの言語がその部族ごとにあります。

アパルトヘイトの巧妙だった所は、その部族たちがうまく反目しあうように仕向けていた所らしいです。

なんか、中東のアレを思い起こさせますよね。

 

イギリスの三枚舌外交でしたっけ?

今の中東の混乱の元と言われる外交技術。

 

ヨーロッパの支配階級にとっては基本技術なんでしょうね。こーゆーの。

 

で、彼らの部族の仲間意識は、言葉によって決まってて、

なので、特殊な環境で生活していて、いくつかの部族の言葉を話せる作者は、それで命拾いを何度かしたようです。

 

そんなアパルトヘイト

廃止されたらされたで、少しの間、失業率とか跳ね上がったそうです。

奴隷労働が正規の労働になると、それに金を払うってのがありえなかったりしたらしいですね。なので、黒人たち、しばらくすることがなかったようです。

 

誰が考えてもいいと思われる社会の変化でも、変化してる最中は人々はどえらい変化に翻弄されるもんなんですね。

 

その辺、ドストエフスキーや、トルストイの小説読んでても思いますよね。

農地改革なのかな。どんな改革か詳しくは知りませんが、

農地を売り払うしかなくなって、貴族がどんどん没落していっちゃう様とかぶりますね。

その小説の中では、みんな、ただ、ただ、戸惑って苦労してますよ。

 

もうすぐ日本も、もしかしたら世界的に、この種の変化って来そうな気はするんですよね。

アパルトヘイトの廃止ほど派手ではないにせよ、なんらかの社会制度の変化。

そして、ただただ、戸惑って苦労する、ロシアの小説のような時代。

 

もしかしたら、その時にすごい文化や小説が生まれるかもですが、

その時代に生きてる人々はただただ、たまったもんじゃない気がしますよ。

 

うん。時間がないので、今日はここまでにしよう。

なんか、重たい話の感想って感じになっちゃったし。

 

明日・・は無理かな。次回のテーマは軽く、アフリカ人は犬派って話を書こう。うん。

 

 

 

 

本 「トレバー・ノア 生まれた事が犯罪」その1。

久しぶりの本の感想。

f:id:nokkudas:20181016191140j:image

 

本のタイトルになってるこの人は、南アフリカ出身で、アメリカのコメディアンで、

有名な番組の司会をしてるそーです。

どんなコメディアンで、どんなネタ(?)をやるのか全く知りません。

 

帯でユーモア、笑いはこーあるべきだーって感じの評価が多かったので、

その点だけで、正直あまり読む気はしなかったんですよね〜。

ユーモアとか笑いとか、

緊張と緩和とか、構造的なそーゆー共通点はあるでしょーけど、

それが面白いか、嫌に思うかは、その人それぞれの環境や気分によって変わるものだと思ってるので、そーゆー、こーあるべきだーって論調は苦手なんですよね。

どーあるべきでもないだろうって。

 

でも、南アフリカアパルトヘイトって話に興味があったので、

読むか読まないか、かなり悩みましたが、読みたい欲が勝って読みました。

 

アパルトヘイトがある南アフリカでは、基本、白人と黒人が子供を作って産むってのが、法律で禁止されてるにもかかわらず、作者の母が、白人との間に子供を作り、

そんな社会で、母と子がたくましく生活しましたって話です。

 

ユーモアや笑いがどーって感想は一切なく、

アパルトヘイトの中の社会、それが崩壊して、その社会は、どうなっていってるか。

って部分が単純に凄く面白かったです。

 

彼の母はたくましく、素晴らしいし、だからこそ息子もこーゆー本を書けたんだって理解できますが、

だからこそ、彼らの存在は本当にただの奇跡って気はします。

 

彼の母のようにたくましい人は、それなりにいたと思いますが、

大体は、妥協したり、埋もれたり、書き方は悪いですが、ある意味本当に殺されたりしたんじゃないだろうかと思いますよ。

 

それほど、凄まじい社会だったんだなってのが伝わる本です。

 

なので、そんな凄まじい社会で楽しく過ごすには、それなりに凄まじいユーモアが必要なのは当たり前で、(まあ、これを笑い飛ばすか!って感じのたぐいが多かったですが)

逆に、こーゆー笑いが欲しいなら、こーゆー凄まじい社会を作らなきゃならない気がしてます。

 

僕が面白いと感じたのは、こーゆー苦労を経験し、生き延びてきた作者ならではの見方です。

こういう、凄まじい社会でも社会は社会で、人ってこーゆーもんだよねってゆー描写が凄く面白かったです。

 

また次回、書いていこうと思います。

 

・・・。今、また帯を読み返してますが、そこまで笑い、ユーモアがこーあるべきだーって書いてませんね(笑)

笑いにこだわりを持つ関西人の悪い癖かもですね。

こーゆー帯とかに「笑い」とか書かれると、条件反射的に「なにおー!!」って思っちゃって、それが僕の印象を勝手に水増しされたんでしょうね(笑)

 

 

 

運気。

運が悪いと思うのは、気のせいってことがあるのは知ってます。

マイナス思考になってるだけってのも知ってます。

 

でも、時に、ガチでやばい!!

って事もたまにあると、僕は信じてます。

 

昔、2度ほど、前の仕事で大怪我をした事があるんですが、

その時はいつも、前日から、何か無性にツイてないって事が多かったです。

謎の自転車のパンク。時計が止まる。鳩の糞に当たるとか・・・。

 

実はここ2週間。全くついてない事が多かったです。

雨が続いたり、(仕事、雨だと大変さが増します)

実は、配達途中、自転車に追突されたり、

配達途中、パンクしたり・・・・。

やっと仕事のリズムが覚えられた途端、

仕事のルールを謎に改変されて、一からリズムを覚え直さなきゃならなかったり。

 

これは、前日ってレベルじゃなく、ここ2週間で起こった出来事なんですよ。

何かヤバイ事がおこるのだろーか?って思ってました。

 

でも、色々考えてみました。

 

多分、今回の運気の悪さのピークはタイヤのパンクだと思います。

なんか仕事上、パンクしたら動いちゃいけないっぽくて、

救助が来る1時間。ただただ、僕の仕事が遅れるだけとゆーね。

 

ん?いや。追突も相当ですね・・・・。

深刻な事態にはなりませんでしたが・・・。

これも完璧な不運とゆーか・・・。

こちらが狭い道で右折しようとしたんですが、

右折先に人がいたので、一旦止まりました。

すると、右折すると思い込んだ後ろの自転車が突っ込んできたと・・・。

 

まあ、ぶつかっただけで、何事もありませんでしたが、

もし、自転車の人が転倒して、怪我でもしたりしてたら・・・・。

この状態でもこちらが悪い事になりそうですよね???

 

幸い、何もないので警察に報告して、話しをしただけで済んだんですが、

それだけでも1時間。時間が潰れるとゆーね・・・。

 

うん。もしかしたら、僕は運がいいのかもしれませんね。

自転車の人が大怪我をしないで済んだし、ややこしい人でもなかったし。

その運の良さの反動とゆーか、代償として、タイヤがパンクしたのかも?

 

あと。まだ仕事に慣れた感を出すんじゃねえ!!って思われてるのかもですね。

(誰にだよ)

 

まあ、とにもかくにも。

 

運気。上昇すると言われてる来月を早く迎えたいものです。 

喫煙席。

先日、ドトールへ行きました。

本を1人でじっくり読むために(笑)

 

三茶のドトールで、そこは偶然見つけました。

わりあい小さな所で、でもその為か、席が空いてそうな雰囲気で、実際、外からでも席が空いてるのが確認できたんです。

 

で、カフェラテを頼み、どーやら、2階にも席があるようなので、2階へ行く事にしました。

 

するとですね。。。

狭い店内。

2階は全て、喫煙席だったようです。

うーむ。

け、煙たい(笑)

 

僕は子供の頃、親、親戚がすげ〜ヘビースモーカで、

煙の中で育ったようなものだったので、

煙の匂いはあまり気にならない人間だと思ってたんですが、

最近、親も親戚も吸わなくなったし、周りもあまり吸う人がいないせいで、

慣れるのに時間がかかりました(笑)

 

そのまま、下へ行くとゆーのが一般的な手でしょーが、なんかそれだと、

こう、負けた気がするのでしませんでした(笑)

 

で、慣れて、本を爆読してました。

 

少し休憩してなんとなく周りを見てたんですが・・・・。

あれですね・・・。

タバコ吸う人って、意外とスマホガン見とかしてる人、少ないですね。

タバコ吸うだけで満足してる人がいたり、

僕と同じく本を読んでたり、

2人くらい出来てたりする人は、ゆっくり話ししてたり、

まあ、もちろんスマホガン見してる人もいますけど。

なんか、バリエーションが豊かだなと。

 

タバコ吸うだけで満足してる人が、何となく新鮮で、

ただ、ボーっとしてるだけでも、タバコ持ってればなんか、こう、形になるんですね。

僕も、ただ、ボーっとしたい時があるんですが、スマホじゃなかなかなんですよね。

スマホだと、どーしてもblogやTwitterやら見てしまいますから。

 

なんか、そのあたり、タバコ、羨ましいなと思いました。

 

 

池袋。

昨日、東京の池袋へ行きました。

初めて行く場所です。

 

東京。品川。渋谷。新宿。原宿。恵比寿。秋葉原。六本木。浅草。今は変化した築地。

マイナーかもしれないけれど、行ってみたかった神保町や吉祥寺。

あ、もちろん家近くの下北沢、三軒茶屋

色々行ったんで、最後の有名どころなのかな?って思ってます。

 

・・・・。

他にも場所があれば教えてください(笑)

 

さて、池袋。結構凄い所でしたね。

東京へ行く前のイメージだと、東京といえば渋谷、新宿、オタクなら秋葉原

そんなイメージしかなかったですよ。

良くテレビ、ネット等で出てくる渋谷が、一番賑やかなのかな?って思ってました。

 

ところが渋谷よりも新宿が、なんてゆーか、街の規模が大きいとゆーのかな・・・。

デパートとか、建物とかの大きさ?少しスケールが大きい気がしました。

渋谷は、建物の大きさは、有名な建物こそあれ、建物自体の大きさは小さく、

小さな建物の店が乱立ってイメージがあります。

 

池袋は、渋谷と新宿を足して2で割った感じでした。

駅近くはデパート。ってゆーか、西武なんですかね?大きいのがあって、

で、渋谷みたいな乱立があるイメージでした。

ただ、池袋。大きい本屋が多くて嬉しかったですよ。

少し遠いですが、たまに行きたい所になりましたよ。

 

で。そこでラーメンを食べたんですが

f:id:nokkudas:20181008100354j:image

でっかい豚の角煮ラーメンを食べた後に、

あの有名な(?)ラーメン二郎を見つけました(笑)

 

行きたかったな(笑)

 

豚の角煮ラーメンは美味しかったですよ。

歳をとった僕にはこってり過ぎですが

(見たらわかりますよね)

たまに、しかも昨日のような暑い日には食べ応えがありました。

 

その後、ゲーム屋さんへ行ったりしたんですが、

とにかく人が多かったですね。

前述のラーメン二郎だけじゃなく、かなりの飲食屋さんで行列が出来まくってましたし、豚の角煮ラーメン屋さんも、僕らが入った後にすぐ満員になったし。

 

ゲーム屋さんも。後で調べると大会があったそうなんですが、

とにかく行列だったり、

今面白いのは、ゲーム屋さんも、ゲーム屋さんからYOUTUBEとかで配信出来るような仕組みになってる場所もあり、ゲーム機の隣にパソコンを用意して、ヘッドホンマイクを付けて、語りながらゲームをやってる人がいて、

ああ、なんか、時代も変わったなと(笑)

 

ただ、その光景って、新宿や渋谷では見かけなくて、ま、ゲーセンの場所や、3連休の最中ってのにもよるんでしょうが、その意味でも池袋って何か面白いなと思いましたよ。

 

 

 

東京に来た理由 その5

彼女の専門学校行きが決まった時点で、

いままでのその1〜その4までの事を色々考えたわけです。

 

そう考えると、僕が東京へ行かない理由はないんですよね〜。

 

このまま、ずっと一人暮しを楽しむか、否かって選択。

ただ、僕は一人暮しには実は飽きてきているって事実。

辛い経験をして、色々考えて、変わっていく事が大事かなって思った事。

 

あとは、何よりもちろん、彼女の事を考えますよね。

彼女がどういう人かによって、結論は変わったでしょうね(笑)

東京へ行く事が正式に決まった(専門学校に合格した)時は、

付き合いだして半年くらいしかたってない時でした。

 

半年・・・。短いかもですね。

一緒に東京へ行って一緒に住むって結論を出すには(笑)

 

でも、その頃には彼女と一緒にいる事に違和感を感じませんでした。

それに彼女もね。◯◯歳にして、18、19歳の若者たちが大部分を占める専門学校に行くとゆー発想が、僕の中では尊敬しちゃいましたしね。

 

 一方、僕の仕事→バイトの生活(その割に低収入)に違和感を感じてました。

加えて、僕自身の夢とゆーか、理想とゆーか。

僕にはあまり欲はないです。何が欲しいとかそーゆーの。

ただ、あるとすれば、

「どこでも楽しく生きていける能力」

は、欲しいんですね。

その能力を磨くには、まずどこかへ行かないと!ってのがありますよね。

一箇所にとどまっときながら、そんな能力を磨けるか?ってのはわからないわけで。

 

思えば、それはblogを始めてから思いはじめた自分の夢とゆーか、理想とゆーもので。

多分一人暮しをした根底にはそんな思いがあったんだと思います。

その時には、そこまで気付いてなかったんですが。

気付いたのは最近、とゆーか、これ書きながら、今、気付いたんです(笑)

で、さらに今、気付いたのが、その理想に対して足りない所が色々だったり、これが必要なのか!!って所ですが、まあ、それは置いときましょう(笑)

 

なので、彼女のためだけじゃなく、やっぱり自分のためでもある東京行きでした。

 

さて、そーゆーわけで、東京へ来てから約半年。

東京へ行く決意をしてから、後1ヶ月でもうすぐ1年。

 

sno様の要請もあって(笑)振り返ってみました。決意や過程とかを。

 

 

 

 

 

東京に来た理由。 その4

さて、彼女。コンビニでバイトしてた人で、何かのおりに良く会うとゆーか、

見かけるとゆーか。

後で知ると、住んでる場所がお互い近かったですね。徒歩5分かかるかな?ってくらい。

会釈くらいはしてたんですね。で、気にはなっていて、僕にしては思い切ったとゆーか、史上初とゆーか、声をかけてって感じです。

 

彼女は、なんてゆーか、本当に昔の日本女性の価値観の・・・。こう・・・。尽くす振る舞いをしてくれる感じですね。

僕がなんとなく「喉乾いたな」って言っただけで、飲み物作ってくれるみたいな感じ。

もしかしたら普通なのかもしれませんが、

なかなかそーゆータイプの女性と縁がなかったかもですね(笑)

 

一方、とにかく二人でいる時はベタベタしたがります。一緒に何か見ながら話すとか、そんな感じ。

二人でいる時に、僕が本を黙々と呼んだりする事をなかなか許してくれません(笑)

なので今、blogが書けなかったり読めなかったりするのは、それが主原因です(笑)

で。このタイプは正直、僕は無理と思ってました。

自分の時間とゆーか、そーゆーのを削られるのが何より嫌だからです。

でも、彼女。本当に押しが強いとゆーか、とにかく一緒にいたがります。

 

で、最初の方は正直、一緒にいた後、自分の家に帰ったり、彼女が帰ったりすると、

ほっと一息ついたとゆーか、「ふう・・・」って感じでした。

 

いい人で、好きだけど、このまま付き合っていけるかな?身体とゆーか、精神持つかな?って思ってました。

 

でも、慣れって恐ろしいものです。

いつしか、平気になっていきました。

もちろん、徐々に段階的にですが。

 

この慣れ。僕にとっては本当に驚くべき事ですよ。

地球が平らだって思ってた人が、地球は丸いって完璧なロジック、証拠で示された時の感じでしょうか??

 

そんな付き合いをしていったある日。

彼女が言うわけです。

「東京の専門学校に行きたい」。

 

…。さすがに次回で終わらせないとですね(笑)