観察・妄想日記

日々の出来事、ニュース、等を時に妄想をまじえながら書いていく日記です。

ある筋の思い出 その2

なんとなく、このシリーズ(笑)

 

色々あるんですが・・・・。

まず、1番ヒヤっとした事。

 

まあ、そのバイトしてた洗車系統のお店。

あーゆー、暴力◯の方。

本部の方だけじゃなく、少し違うっぽい所の方も来るんですね。

 

で、その少し違うっぽい所の方が、フェラーリに乗ってやってきました。

(二千万以上はするでしょうよ。)

で、その本部のいつもの方も、フェラーリに乗ってやってきました。

(二千万以上はするでしょうよ。)

 

で、同時刻に、似たような職業の方の鉢合わせですよ(笑)

本人達は、それほど何も考えてないかもですが、

周りはもーそりゃあね・・・。

何かわからないけど、ヒヤヒヤするわけです(笑)

 

で、片方の方の作業が終わって、(本部の方かな)

お客様が乗って帰るんですが・・・・。

ちょっと車、停めてる位置が悪かったんですよ。

 

フェラーリが2台並んだ感じになってて、

帰る方のお客様が奥。

まず、手前の別のお客様のフェラーリを移動させないと、ちょっと曲がりきれないかな?

って感じなんです。

実はフェラーリ、車高は低いですが、車幅とか、意外と大きいんですよ。

なので、まず手前のを動かそうとしてたんですが・・・。

 

本部のお客様、せっかちなもんで・・・・。

 

「べつにかまへん。そのままでええ。」

 

と言って、自ら奥のフェラーリに乗り込んで行きました。

 

えっ。いや、マジで曲がりきれるか微妙なんですが・・・・。

えっ。あっ。手前のフェラーリのお客様も何かこっち見てる・・・・。

 

周りの他の店長とかも、ビリビリ緊張してるのが伝わります。

 

曲がりきれずに壁に当たったら・・・・。最悪。(二千万以上はするんですよ。)

曲がりきれずに隣のフェラーリにあたったら・・・。地獄絵図。(四千万以上はするんですよ+その系統の方とのいざこざ。)

 

みんなが色んな思いで見守る中・・・・・。

ブルルルルルル〜。

容赦ない発進。

容赦ないハンドル捌き。

 

・・・・・。

おおおおおお!!!!!

本当にキレイに曲がり切って帰って行ってくれました。

 

みんなの肩の力が抜けていくのを感じました。

 

やっぱり乗り慣れてて、腕が良かったのか、

偶然なのか、

とにかく、数センチずれたら大惨事だった、あのヒヤヒヤ感は今思い出しても寒気がします(笑)

 

 

 

とある筋の方とのお仕事。

バイトしてた時です。

洗車関係のお仕事で。

 

暴◯団関係者が、お客様でよく現れてました。

 

何回か書いてると思うんですが、、、、。

先日のニュースでまた思い出したので、書きます。

 

最初、そのバイトに入ったばっかりだった時、

お客様の車を預かるので、お客様を家かどっかまで送る事があって、

僕が運転手として送る事になったんですよ。なぜか。

 

なんか、オーラが怖いけれど、スマホの話を振ってきてくれたりして、

ああ、いい人かな?

って思ってたんですが、

 

ある、変なところで車を止められたんです。

周囲に家があるわけじゃなし、

なんか立派な門構えのシャッターがあるけれど・・・。

 

で、そのお客様。シャッターの方へ行け!!と言います。

僕は意味がわからなくて、「??」「??」

って、戸惑ってると、

お客様。本領発揮。

「はよ行かんけ〜〜」

おお。怖い。

 

ハイって言って、シャッター前に行きます。

 

すると、お客様。本領発揮。

クラクションを鳴らしまくります。

「何しとんや。」

ってな意味の事をおっしゃってます。

 

僕は、もう、訳がわからなくて、少々パニックです。

 

すると、シャッターが開き始めました。

で・・・。

そこから・・・。

スッゲー怖い兄ちゃん達が、10人?20人?まとめて僕の車にやってきます・・。

 

お客様に向かって、大きな声で、

「おかえりなさいませ」

的な事を・・・。

 

怖い兄ちゃん達のリーダー格の方に、一言二言、小言を言ってから、

僕にシャッターの中に車で入るようにいいます。

 

どこをどう走ったか、詳しくは頭がマッチロで覚えてないですが(笑)

お客様を降ろして、

シャッターから出て行って帰る時に、

両サイドに先ほどの怖い兄ちゃん達が横一列に並んで、

「オツカレサマデシタ〜〜〜〜」

と、元気よく言われました。

 

そのあと、どこをどう走ったのか、

ようやく、バイト先に着いて、店長とか全員に、

「ヤク◯じゃないですか〜〜〜〜〜」

と、半泣きになりながら抗議したのは覚えてます。

 

まあ、本部ですよね(笑)

入りたての僕にはカルチャーショックだったんですが、

のちに、すぐに慣れる事になってしまいます(笑)

いや、常に緊張感はあったんですがね(笑)

 

 

ツイッターって便利。

って、今更ながら思いました。

 

先日、神戸、長田で、事件が起きました。

暴力団の方々のいざこざなのかな?

ある男性が、銃で顔を撃たれるとゆー、恐ろしい事件です。

 

ちなみに、近いってほどじゃないですが、それでもそこまで離れていないところで働いてる僕。

 

お昼、外に出ると、ヘリがうるさい事うるさい事。

複数のヘリが、ホバリング?(空中でとまるやつ)を決めてました。

 

最初、「火事かな〜?」と思ったんですが、煙っぽいのは見えない。

 

なんだろな〜??って思って、閃きました。

「こーゆー時は、ツイッターだ。」

と。

すると、神戸 事件 

で検索すると、出てきました。

上記の事件が。

 

謎が無事、解けたんですよ。

 

ま、そのほかにも、ツイッターで、エコフォンってアプリを使ってるんですが、

そのアプリ、フォローしなくても、リストを作る事ができるんです。

これがまた便利で、

たまに興味があるジャンルの人をリストに入れて見る事ができたりします。

飽きたらまた別のジャンルの人をリストに入れてって感じで、暇つぶしには最高です。

ニュースも見れますしね。

 

なんてゆーか、

昔の、とりあえずYahoo見とく。

が、今ではとりあえず、ツイッター見とく。

って感じになってるなと。(僕は)

 

ほら。日本以外では、そこまでツイッター流行ってないってのをよく聞きます。

要は日本だけ流行ってると。

 

それって、日本語は140字だけでも、伝えられる情報量が半端ないってのもあるとは思いますが、

それよりも、この、「とりあえず感」が強いんだと思います。

 

と。最近ふと思った事でした。

 

 

 

 

 

 

いぶりがっこ

に、ハマってます。

 

あ。今日は色々忙しいのでひとことですが(笑)

 

友人から貰ったんですが、

めちゃくちゃハマって、

「あ。僕は漬物が好きなのかな?」

って思って、たくあんとか、色んな漬物を食べていったんですが、

なんか違う。あれと違う。いぶりがっこじゃない!!

 

って感覚の繰り返し。

 

やっぱり僕にはいぶりがっこが必要なんだ!!

 

・・・・。

どっかに売ってるのか???

意識して探した事無いんですが・・・。

今週末、いぶりがっこを求めて色んなスーパーとかに行こうと思います〜。

声が出ない。

風邪で喉が腫れてから、ここ1週間、満足に声が出せません。

 

仕事中は、意外と大変です。

特に説教するとき(笑)

「こら!!」って声が出ないので、どーしよーも無いんです(笑)

なので、ささやき声で指示したり、注意したりするんですが・・・。

 

ただ・・・・。

なんてゆーか・・・。

 

声が出ないほうが、なんかスムーズに事が進むとゆーか・・・・。

そんな気がしてます・・・。

 

最低限な事だけをチョイスして、しかもささやき声なので、

向こうもよく聞かないと!!って思ってるからなんでしょうか・・・。

 

で、ひとつ、思い出したんですが。

 

漫画。「蒼天航路

三国志曹操が主役のお話なんですが、

曹操の親戚の曹仁って人がいて、

その人が、まー、優秀じゃないんですよ。

ダメダメキャラで。

 

で、ある時、戦場で声が出なくなっちゃったんですよ。

仕方ないので、身振り手振りで指示を出したら、

なぜか兵がめちゃくちゃ動いてくれるんですよ。

 

それがきっかけで曹仁はめちゃくちゃ成長していくんですが。。。

 

あれ。って事は、僕は今までダメダメだったんでしょうか・・・。

 

そー思って無意味に凹んだ1日でした(笑)

 

うーーー。。早く、喉、治らないかな・・・・。

 

反脆弱性。

こんな本を読んでます。

 

 作者の名前だけ、なんか聞いた事があったので、買ってみました。

まあ、Kindleなんですが。

 

まだ読み始めですが、面白いです。

 

脆弱性。要は脆いって事なんですが、

脆いの反対の意味の言葉が無いと。

 

頑強とか、そういう言葉はありますが、それは正確な反語じゃないと。

 

脆い=触れればすぐ壊れる

とか、そんな意味なんですが、

その反語だと、

触れれば、どんどん強くなる

って感じの言葉じゃ無いとダメだけど、そんな言葉が無いので、

脆弱性って言葉を作ったそうで、

話の内容も反脆弱性、反脆いってのがテーマになってます。

 

まあ、僕が最初にイメージした反脆い。

触れれば壊れるんじゃなくて、さらに強くなる・・・。

シャカシャカポテトくらいだったんですけどね・・・。

振れば降るほど美味しくなるって感じの・・・。

全く違いましたね(笑)

 

とりあえず、本の中で書いてたのが、

言葉って、まだ無い言葉が多いよって話。

 

少し前、っていっても、何百年前くらいの単位でしょうが、

色って、青とか茶とか、細かい色を区別する言葉がなかったそうです。

黒とか白とか、あと1、2種類しかなかったそうです。

 

なので、昔の文学で、よく瞳の色が海の色をしている。

みたいなロマンチックな表現がよくありますが、

あれも単に、青とかそういう言葉が無いだけだったってのが僕の中では面白かったです。

文学的な表現って感じじゃなかったんだなと。

 

さて。喉からきた風邪で、咳が止まらない感じになって、

ここ数日、不眠っぽくなってる脆い僕。

早く身体、治したいな。

 

 

未来予測の本とかで。

どーしても疑問に思う事が1つ。

 

色んな方の未来予測では、

やっぱりネットって順調に発展してるわけですよ。

色んなとこに繋がって、しまいには脳に繋がったりするってね。

 

でも、ネット自体が使えなくなるかも?

って予測はないんですよね。

・・・。

ま、縁起でもないし、そんな事書いたってつまらないですからね。

 

僕的には、ネット自体が使えなくなる可能性ってあると思うんですよ。

 

なんか、数年前にニュースで見たんですよ。

太陽フレアのものすごいやつが地球に来る寸前だったと。

で、もし地球に来てたら、文明、特にネット関係がえらい事になってたでと。

 

NASAかなんかが言ってたんですよ。

 確か、しばらく1980年代のレベルにまでなるって。

 

磁気が乱れるとやっぱりネットはどーしよーもなくなりそうですよね。

 

最近、北朝鮮のミサイル問題とかで、

上空に核爆発起こしたら、そーゆー似たような状況になるぞ。どーしよー。

ってな事がまとめサイト的な所で書かれてたのを読んで思い出しました。

 

まあ、北朝鮮問題はともかく、

いくら文明が進んだ所で、まだまだ太陽が本気で切れてきたら、地球はまだまだ手も足も出ないよな〜。と、ふと思いました。

うん。逆に太陽が完全にやる気なくしたら氷河期がきますしね。

なんやかんや。やっぱり自然は偉大過ぎますよね。

 

最近も、太陽フレアが来るみたいですね。

通信に影響あるかも?くらいのレベルだそうですが。